ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、株主・投資家及びすべてのステークホルダーの皆様に、重要な会社情報の適時適切な開示を行うため、金融商品取引法等の関連法令や株式会社東京証券取引所の定める適時開示に関する規則に準拠し、迅速・正確かつ公平な会社情報の開示を徹底するべく、誠実に対応いたします。

2.情報開示方法

適時開示に関する規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」への登録、ならびに同取引所内の「兜倶楽部(記者クラブ)」を通じて報道機関へ公表いたします。また、関連法令に基づく開示及び当社が任意に開示する情報についても、それぞれ適切な開示を行います。なお、当社が開示した情報は、当ホームページに掲示いたします。

3.沈黙期間

当社は、株価に影響を与える情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、各四半期および通期の終了日翌日から決算発表予定日までを「沈黙期間」とし、決算に関するご質問への回答やコメントは差し控えさせていただきますのでご了承ください。なお、沈黙期間中であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応いたします。

4.将来予想について

当社が開示する業績予想及び将来の見通しは、開示時点で入手可能な情報に基づく判断によるものであり、予想数値や事業計画の実現を確約または保証するものではありません。実際の業績は、当社事業を取り巻く経営環境の変化、市場の動向等、その他様々な不確定要因によって、予想及び見通しとは異なる結果となる場合がありますので、ご了承ください。
当社としましては、将来見通しの精度を高めるための努力をするとともに、見通しの変化が生じる場合には適宜開示いたします。

Page Top