先輩社員紹介

NEXT STAFF : 産業・公共システム事業部 皇甫 将

宇宙航空分野での衛星画像処理技術で社会を支えていく 2011年入社 特定情報システム事業部 大関 紗也加

オフタイムは?

ディズニーランドやディズニーシーによく行きます。
小説も大好きです。好きな作家は東野圭吾さん。

自分が設計したものが動くのは感動です!

高度な画像処理技術を施すことで、環境保護から防災までさまざまな分野で利用が可能になった衛星画像。大関は衛星画像処理システムの開発を通じて文化の違う人々と交流し、仕事に意欲を燃やし続けている。

開発に携わったあと、現在はプログラムの構成管理の仕事に取り組んでいます。開発のときは機能設計から総合試験までやり、技術確認試験で現地にも行きました。そこで、自分が設計したものが動くのを初めて見たときは感動しましたね。現地ではこれまで出会うことのなかった職種の方やハードウェアを作っている会社の方とお会いできて、仕事の話やそのほかいろいろと聞けてとても面白い経験ができました。

プログラム経験ゼロでも。

大学ではプログラミングをしない研究室に入ったので経験はゼロ。それなのに入社後、新人研修合宿で技術リーダーに任命されてしまい責任感から猛勉強しました。それは結果的にとても良かったですね。
女性だからと苦労したことはないです。男女関係なく仕事も割り振ってくれるし、私は「仕事をしたい派」なので上司に「仕事をしたい仕事をしたい」と話しているといっぱいくださるので(笑)。新人のときは作業の仕方もよくわからなくて、戻り作業を発生させてしまったことも。そのとき、チーム全員で私のフォローに入ってくれて、仕事の仕方もこうやらなきゃいけないと一から教わったのが身に沁みました。私のミスを責めずにみんなが文句も言わずにやってくれましたから、私も同じことを後輩がしたときに、嫌な顔しちゃいけないなと。
職場結婚したばかりですが、仕事と家事を両立させて、資格もとってチームリーダーも目指したいし、勉強を続けて10年後もキャリアアップしたいですね。

学生へのメッセージ

会社を選ぶとき、「この業種だ!」と一気に決めないで幅広くいろいろな会社を見て、そこで面白いと思った会社を深く知っていくといいように思います。私は企業説明会でいろいろな業種を見たなかで、もの作りが楽しそうに思えてIT系に絞ったのですが、そのなかでもJPDは説明会でとてもアットホームな雰囲気があって「こんな会社に入りたい」と思ったのです。
JPDは仕事と子育ての両立をサポートする制度も充実しています。女性だけでなく、イクメン推奨で、男性の育児休業も推進していますし、安心して長く働ける環境がありますね。

ある日の仕事

8:50 出社
定時10分前に出社し、メールチェックや本日の作業の準備を行います。
9:00 ミーティング
本日の作業内容とプロジェクト全体のスケジュールの意識合わせを行います。
9:15 開発作業
設計書を基にコーディングを行います。
分からないことや困ったことがあれば、随時上司に相談しながら作業しています。
12:00 お昼休み
節約のため、毎日お弁当を持っていきます。
この日は上司と休日の話や家族の話などをしながら楽しくランチ。
13:00 レビュー
午前中に開発を行ったプログラムをプロジェクトメンバーにレビューしてもらいます。
NGの場合は、指摘された点を修正し、再度レビューしてもらいます。
15:00 勉強会
プロジェクトメンバー間で共有したい知識を交換します。
分からないときには積極的に質問し、自分の知識として蓄えることが重要です。
16:00 テスト作業
レビューでOKになったプログラムのテストを行います。
17:30 ミーティング
本日の進捗状況や問題をプロジェクトメンバー間で共有します。
18:00 退社
今日は同期との飲み会があるので作業にきりをつけて退社します。
NEXT STAFF 2008年入社 産業・公共システム事業部 皇甫 将 難易度が高い鉄道の運行管理システムプロに徹した仕事で社会を支える
Page Top